Particle characterization of Activated Carbon with Digital Image Processing

The size distribution and the shape of the carbon particles determines the efficiency and throughput of the filter. Especially the amount of fine particles (< 1 mm) is a critical parameter as the fines might block the filter. Sieve analysis is most commonly used for particle sizing of activated carbon, however, this method has some disadvantages. On the one hand, sieving raises dust through abrasion so that the measurement process modifies the original size distribution of the sample. On the other hand, sieving does not allow for shape analysis. If, however, products like carbon rods are to be analyzed, it is essential to determine the length and diameter of the rods precisely and with a high statistical security.

back

ヴァーダー・サイエンティフィック- Science for Solids

ヴァーダー(Verder)グループには、理化学機器の「サイエンティフィック部門」と、移送式ポンプの「リキッド部門」があります。サイエンティフィイク部門の高品質は製品群は、品質管理、研究、開発用の理化学機器のスタンダードとなっています。試料調製から分析機まで、数多くの製品をカバーしています。 日本では、2015年に100周年を迎えたレッチェの粉砕機、レッチェテクノロジーの画像式粒度分布測定装置CAMSIZERシリーズ、カーボライト・ゲロの電気炉、またELTRAの燃料式元素分析装置のお取扱いがございます。

メタログラフィ

電気炉 & オーブン

成分分析・元素分析

粉砕機 & ふるい振とう機

粒度分布測定装置